ジュニアNISA

ジュニアnisaとは

2014年の1月から少額投資非課税制度であるNISAがスタートし、実際にNISA口座を使って株式投資や投資信託を行っている人も多いのではないでしょうか。
投資金額100万円までの株式投資や投資信託にかかる分配金などが非課税対象となる制度であり、2023年までの10年間の間で毎年100万円の非課税枠が追加され最長5年間、この制度の恩恵を受けることが出来ます。
そしてまた新たに制度に追加されるのが未成年を対象にした少額投資非課税制度、ジュニアNISAです。
これまでは未成年の名義の口座ではNISAで取引することが出来なかったのですが、ジュニアNISAが始まることで未成年者名義の口座でも取引が出来る様になり、非課税対象額は年間80万円となっています。
NISAとジュニアNISAの違いはNISAが日本在住で20歳以上の人を対象にしたものであるのに対してジュニアNISAは日本在住の0歳から19歳を対象としています。また年間100万円までが非課税対象になるにの対してジュニアNISAの場合は年間80万円まで、非課税の期間はNISAもジュニアNISAも5年間となっているのですが投資総額がNISAは500万円に対してジュニアNISAは400万円となっています。非課税期間の2023年、対象商品を上場株式・投資信託とする部分はNISAもジュニアNISAも違いはありません。
また大きな違いとなるのが払い出し期限です。NISAはいつでも自由に払い出すことが出来るのですが、ジュニアNISAの場合は災害時などを除いて原則として18歳まで払い出しをすることができないので途中で気軽に資金を引き出せない様になっています。

更新履歴